伊達政宗の家紋の意味は?【画像】

imassasas伊達政宗の家紋の意味は?【画像】
独眼竜として今でも人気が高い伊達政宗。彼の家である伊達家の家紋に注目が集まっています。その家紋に込められた意味とは何なのでしょうか?また、伊達政宗の戦国から江戸時代にかけての激動の人生を追っていきます。

伊達政宗の家紋の意味は!?【画像】

datekamon

伊達政宗の家である伊達家の家紋にはどんな意味が込められているのでしょうか?
上の画像が伊達家の家紋なのですが、歴史好きの方や伊達政宗のファンの方なら一度は見たことがあるのではないでしょうか?

モチーフとしては笹と雀が組み合わさったデザインになっており、意味としては演技がよいものとして知られてきました。この家紋が使われるきっかけとなったのは伊達政宗の大伯父である伊達実元という人が当時力をもっていた上杉家に養子に入るという話があり、その時に授かったものと言われています(結局はその話は実現しなかったそうですが…)

この笹と雀のデザインですが、ルーツはかなり古くて藤原北家が元々の雀をあしらった家紋に笹を後から加えたのが始まりといわれています。

fagag

またこの後には剣術で有名な柳生家も柳生笹とよばれる家紋を採用しており、ずっと使われてきました。(やはり武家に人気があるみたいですね)

120px-Jag

他にはやはり前述した上杉家が上杉笹と言われる笹に雀の家紋をずっと採用しています。

上杉家がすごいのはこの家紋を関係がある他の一族や家臣・配下に対しても特別に使用することを許していたところです。

伊達家も上杉家からもらった家紋であったこともあって、当初は伊達家の中でも選ばれた家系でしか使えなかったらしいのですが、後々に家紋の一部色を変更する(雀を柿色にする)ことで使うことが認められたという経緯があるようですね。

家紋に対しては歴史があるとか演技がいいという以上の意味はとくに調べてみた範囲では見つけられなかったのですが、やはり名家の家紋という感じです。

ちなみに伊達家の家紋ですが、伊達家伯記念會株式会社(要は伊達家)が商標登録しており、勝手に使用することはできません。

ゲームの製作会社などが使用する際にはもちろん商標元である伊達家に対してお金を払っているらしいのでその辺はかなりしっかりしているみたいですね。

同人誌やらなんやらで金銭がからんでくる場合には注意をした方がいいと思います。

sponsored link

伊達者=派手好きにこめられた深い意味とは?

fsyrdodo

伊達者(ダテモノ)というと派手なものが好きな・・・という意味ですが、そのルーツはやはり伊達政宗にあるようです。

戦国武将の鎧には色んなデザインがあって派手なものも多いですが、伊達政宗の兜についている三日月はその中でも一際目を引きますよね。(重そうだし、戦では何かと邪魔になりそうだと思うのですが・・・)

しかし伊達政宗は多少本人の趣味である部分もある一方で、その派手モノ好きには別の意味があったともいわれています。

一言でいうと秀吉の機嫌をとるため、です。

伊達政宗はその天才的な頭脳とカリスマ性を持ち合わせながら、残念だったのは生まれる時代が少し遅かったといわれているところです。

彼が力を発揮し始めたときにはもう既に混沌とした戦国時代も統一されつつある時代になってしまっており、伊達政宗もその流れに従わざるを得ませんでした。

さらに天下統一を成し得た豊臣秀吉には最後まで抵抗しており、決して他の大名達に比べると立場がよかったわけではありませんでした。

豊臣秀吉が当時の関白であった秀次に謀反の疑いがあるとして切腹させた事件では、秀次と親密にしていた伊達家にも同様に疑いがかけられ一家存亡の危機といっても過言ではない状況だったらしいのですが、なんとかこれを切り抜けています。

そんな逆境ともいえる立場のなかで、当時派手好きな秀吉に自らを合わせていたとも言われている伊達政宗。かれの派手モノ好きは生き残る戦略の一つだったのかもしれません。

事実、秀吉の時代が終わり徳川家康が力を持つようになってからは関ヶ原を含めて色々な戦績が認めれられるようになり、仙台藩は100万石を超える有数の藩として発展しました。(表向きは62万石と言われていますが、本当はもっとすごかったようです)

長年の苦労が報われたといったところでしょうか?
そんな伊達政宗は家康のあとも三代家光の時代まで忠実に徳川家に尽くしており、伊達政宗自身は70歳まで長生きしています。

「曇りなき 心の月を 先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」

意味としては闇のように真っ暗な時代を自身の中にある月の光をたよりにして進んできたという意味です。

戦国時代から江戸時代、混沌から安定への過渡期という激動の時代に時代の運命に翻弄されながらも生き抜いた伊達政宗らしい辞世の句のように思えます。

あと10年伊達政宗が早く生まれていたら・・・もしかしたら時代は変わっていたのかもしれませんね・・・

伊達政宗と関連して豊臣秀吉についても記事にしていますのでよかったらどうぞ↓
豊臣秀吉の性格は?死因や子孫の芸能人も!

 

コメントを残す