徳川家康の手相ますかけ線とは?墓の場所や死因も!



ieyasyu徳川家康の手相ますかけ線とは?墓の場所や死因も!
徳川家康の手相がネット上にて話題になっています。なんでもますかけ線という珍しい手相をしていたらしいのですが・・・また一時世間を騒がせた大阪の墓説や様々ある死因についても迫っていきたいと思います。

sponsored link

徳川家康の手相ますかけ線とは?墓の場所や死因も!

fagaieyasu

徳川家康の手相として有名なますかけ線とはどういったものなのでしょうか?
噂によると有名人や歴史に名を残す人の多くがこの手相をしているらしいのですが・・・

実は徳川家康の手相は今も残っており、静岡県の久能山東照宮にて見ることができるんだとか。ネット上にも手相の画像がありましたので引っ張ってきました。

gafar45

実際の大きさはわかりませんが、なんとなく肉厚で大きな手を想像させますね。
指の付け根があまり写っていないあたり、かなり豪快にドンッと押したように見えます。

これを見てすぐにわかると思うのですが、特徴的な手相がありますよね。
手のひらを水平に横切っている太い線です。

これは感情線と知能線の二つが重なることでできる手相であり、通称ますかけ線というそうです。徳川家康だけではなく、実は織田信長や豊臣秀吉もこのますかけ線だったらしく、天下人の手相と言われています。

200fagaou

 

このますかけ線は別名で両握りとも呼ばれているようで、私はこの名前を聞いたときにピンときました。

実は私も小さい時は両手とも両握りだったんです。
(手が大きくなるにつれてだんだん離れていきましたけどね・・・)

生まれたときに祖母がまず一番先にしたのが手のひらにこのますかけ線(両握り)があるかどうかと頭のつむじがいくつあるかを確認することだったそうです(笑

ちょっと脱線してしまいました。
このますかけ線ですが、これを持っている人は強い個性をもちつつも運やツキに恵まれていると言われており周囲の人に恵まれたり、運命的な出会いをすることが多いそうです。

個人の才能とそれを開花させる周囲のサポートをどちらも兼ね揃えているというまさに天下人の手相なんですね。(私はどこで間違えてしまったのか・・・)

現代でも大手企業の社長や役員、他にはイチロー選手や福山雅治、明石家さんま、松下幸之助、桑田圭祐、宮崎あおい、長瀬(TOKIO)、タモリ、アントニオ猪木、中川翔子、妻夫木聡、黒柳徹子、浜田雅功、熊田曜子、坂上忍、広末涼子、小泉純一郎などそうそうたる人たちがこのますかけ線をもっています。

ちなみにますかけとは枡掛けと書き、昔お米などの穀物を量るさいに枡ですくったあとに盛り上がった部分を平らにすりきるために使っていた短い棒のことをいうらしいです。

sponsored link

徳川家康の墓や死因は?

ieyasubasara

徳川家康の死と聞いて連想するのはやはり鯛のてんぷらに当たって死んだという話でしょうか?当時珍しい食べ物だったのでインパクトが強いですね。

ちなみにてんぷらを食べたことが原因で死んだというのは完全な嘘ではないらしく、当時の文章で今でもかなり信頼されている文献である『徳川実録』に記載があります。

これによると鷹狩りを楽しんでいた家康が最近何か面白いものはない?と部下に聞いたところ、最近は鯛を榧(かや)の油で揚げて、それにニラをすりつぶして食べるのがおいしいですと答えました。

ちょうど鯛が献上されていたこともあってさっそく家康は同じように調理をして食べたところ、その晩から腹痛が始まり、急いで城に帰り療養したが回復せずその三ヵ月後に亡くなったと書かれています。

直接鯛のてんぷらが原因かは正直定かではないですが、少なくとも引き金となったことは間違いないでしょう。当時は75歳という高齢だったこともあって他の病気を抱えていたのかもしれませんね。

ちなみに賢い人は気がついたかもしれませんが、今風にいうと油で鯛をあげたものですから別にてんぷらではないですね。衣がついていませんので・・・

ちなみに最後の将軍である徳川慶喜はてんぷらが大好きだったことで知られており、最初はてんぷらを避けていた慶喜公においしいからと言って勧めたのは勝海舟だったと言われていますので面白いですね。

さて、徳川家康の墓ですがみなさんもご存知のとおり日光東照宮が有名ですね。
(見ざる聞かざる言わざる・・・のやつです)

nikkoouga8l

 

 

徳川家康の遺体や骨もここに安置されていると言われており、地中を掘ればかなり高確率で出てくるのでしょうけども、さすがに世界遺産にもなっているのでそんなことはできないと思います。

ただ、実は大阪にも徳川家康の墓があるという説があり、家康が大阪の陣で討死したということになっています。

これは日経新聞にも記事が載っているくらいだったので完全なデマとは思えないのですが、なんでも松下幸之助がこのお墓の建立に関わっていたり、山岡鉄舟が書いた碑文には「ここを家康の墓と認める」という内容が・・・

ただしもちろん史実とことなる点が多く、現在では伝説から派生したものだという扱いになっているようです。

ただし今後の展開によってはこれまでの通説がひっくりかえってしまうかもしれませんね。
もしかしたら・・・が有りうる話です。

楽しみにしておきましょう!
若かった徳川家康を死の直前まで追い詰めたとして有名な武将である武田信玄についてはこちらに記事を書いています。よければこちらをどうぞ!
織田信長と武田信玄の戦い、勝つのは・・・?


コメントを残す