能年玲奈の過去が別人!?画像と動画で検証!

2013年『あまちゃん』で大ブレイクした能年玲奈さん
そんな彼女の過去に注目が集まっています。

今とは別人キャラ?しゃべり方が違う?顔も整形?
過去の画像と動画で検証してみました。
清純派女優の裏側はいかに・・・?

sponsored link

能年玲奈の過去が黒歴史!?

まずは過去に迫っていく前に、簡単なプロフィールをまとめておきましょう。

image (1)

本  名:能年玲奈
生年月日:1993年7月13日(20歳)
出  身:兵庫県
身  長:162cm
所  属:レプロエンタテインメント

雑誌やテレビでのコメントなどをまとめると人見知りな性格で、絵を描くのが得意なようです。
またギターや読書、アニメなど趣味は多岐にわたっているとか。

地獄のミサワを好み、髭が大好きだと発言するなど多方面で的確な天然っぷりを発揮していらっしゃいます。

ではそんな能年さん、今までどんな経歴をお持ちなのでしょうか?

まず芸能界デビューはファッション雑誌『ニコラ』で当時モデルを勤めていた新垣結衣さんに憧れてオーディションを受け、グランプリに輝いたことがきっかけになっています。

その後2010年に映画『告白』で女優デビュー、2012年には『カラスの親指』で新人賞を受賞します。

そして2013年、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』の主人公である天野アキ役に選ばれ、大ヒットしました。

彼女の「じぇじぇじぇ」はお馴染み2013年の流行語大賞にも輝きました。

一見すると順風満帆で上り詰めてきたような印象を受けるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?詳しく見ていくことにしましょう。

『ニコラ』ってどんな雑誌?

能年さんが所属していた雑誌『ニコラ』についてあまり詳しくない方も多いと思いますので、まずはどんな雑誌なのかリサーチしてみました。

th (2)

ちなみに表紙はこんな感じ。

th (3)

ロゴはこんな感じ。
(グリコみたいですね)

メインターゲットは小学校高学年から中学生までの女の子に設定しているらしく、ファッションを中心に思春期のライフスタイル全般を扱っているらしいです。

2000年になってからは若い女の子のファッションブームや『ニコラ』の中で「ニコ㋲」と呼ばれる専属モデルたちの人気によって大きく売上を伸ばし、いまや思春期世代の女性誌の中ではトップに君臨する雑誌なんだとか。

「ニコ㋲」という言葉は全く知りませんでしたが、調べてみるとそうそうたるメンバーが「ニコ㋲」出身のようです。列挙してみます。

栗山千明
沢尻エリカ
蒼井優
新垣結衣
岡本玲
西内まりや
日南響子
川口春菜
二階堂ふみ
(etc・・・)

「ニコ㋲」を経由して女優や人気ファッション誌(Seventeenやnon-no、JJ、ViViなど)へステップアップしていくモデルさんがかなり多いみたいでした。

能年玲奈の「ニコ㋲」時代!

これが今の能年さんですが、「ニコ㋲」時代はかなり印象が違います。
(ま、当然といえば当然ですが・・・)

さっそく見つけてきました!

th (a4)

今も十分童顔なイメージですが、この時と比べたらだいぶオトナっぽくなっているとおもいませんか?

ちなみに整形という噂も一部ではありますが、髪型の変化くらいで、顔は基本的に変わっていないように思います。

ただ、趣味の音楽をされているときは、女優としてのイメージとはちょっと違うみたいで・・・
しゃべり方に関しては結構変わっているのかな?っていう印象は受けました。

昔の動画を貼っておきますね。
PVへの出演です。(かわいい)

けっこうハジけたというか突き抜けてるような感じはしますよね。
女優としてテレビに出ているときの能年さんはけっこう隠しているのかもしれません。

「あまちゃん」で終わることなく、これからもどんどん活躍していってほしいですね!

ちなみに『ニコラ』時代について詳しく書いたエントリーはこちらです↓

能年玲奈の『ニコラ』時代が黒歴史!?二階堂ふみと同期!!

 

コメントを残す