二宮和也『弱くても勝てます』小田原高校がロケ地!?

yjimage今ノリに乗っている嵐の二宮和也さん。
四月からは日テレドラマ『弱くても勝てます』での主演が決まっています。

そんなドラマには小田原高校をロケ地に使っているらしいのですが・・・くわしく見ていきましょう!

sponsored link

二宮和也『弱くても勝てます』に主演!!

image

『弱くても勝てます』というのはなかなかドラマとして珍しいタイトルのような気もしますがどんな作品なんでしょう?

この作品はもともと本が原作になっているらしく、そこからヒントを得たドラマとなっているようです。

その本がこちら↓

4104738042.09.TZZZZZZZ

楽天ブックスのページはこちら

著者は高橋秀実さんという方で、成績優秀な生徒ばかりが集まる進学校に赴任した新米教師が野球部の監督として甲子園出場を目指すというものみたいです。

二宮さんは30歳目前にして日本有数の進学校教師になった田茂青志(たもあおし)役を主演として演じることになっています。

二宮さんはドラマや映画などでの演技には定評があり、少し前は『GANTZ』などでも主人公の役を演じていましたね。

二宮さんがドラマで主演をするのは2010年の『フリーター家を買う。』以来になるので約三年半くらいあいています。日テレの主演は自身初ですね。

二宮さんが演じるキャラ(田茂青志)は普段はクールだが、疑問を感じるととことんまで考え抜かなければ気がすまない性格らしく、タイトルにもあるように「弱くても勝てます」というのを持論にして弱い野球部を勝利に導いていくようです。

野球部は部員5名の弱小。
部ができてから勝利したことはなく、試合でもエラーの嵐。

キャッチボールでスムーズに続いた回数が最高で9回。
グラウンドの練習は週一回の3時間。

そんな弱小野球部をどうやって勝利へ導くのか・・・楽しみですね!!

最近はこういった強いヒーローではなくて弱い主人公が強い相手を頭を使って倒していくみたいな話が人気な気がします。

GAIANT KILLINGみたいな!(個人的に好きなだけかもw)

nino_160929_01

ロケ地は小田原高校!!

th

そんな『弱くても勝てます』ですが、ロケ地に使われた高校がわかっているみたいですね。
そこは神奈川県にある小田原高校というところです。

th (1)

小田原高校のホームページはこちら

ただロケ地に選ばれたというだけではなく、なんと偏差値は67
れっきとした進学校です。

偏差値でのランキングでは全国3674校の中で219位(上位6%)の位置につけているような学校です。

原作の開成高校はそれはもう毎年数十人も東大に入ってしまうような高校なのでそこには及ばないのですが、それでもなかなか入れないところですよね!

気になるのは野球部ですが、2013年の成績は地方大会で3回戦まで行っています。
三回戦の相手は甲子園でも常連校の横浜高校

しっかり文武両道を実践している高校というイメージですね。

yakyu_1

 

小田原高校自体も100年の歴史を誇る伝統校らしく、そんな信用もドラマのロケ地として抜擢された理由なのかもしれませんね!

すでに地元ではSNSなどで情報が拡散されているらしく、相当な盛り上がりを見せているんだとか・・・この勢いに乗ってドラマも人気が出るといいですね!

二宮さんも過去には野球をしていたらしいのでその腕前を見ることができるのか・・・
そこも見所になりますね!

そんな二宮和也主演・『弱くても勝てます』は2014年4月12日(土)21:00~スタートです。
お見逃しなく!!

嵐のメンバーの他の記事はこちらです!

松本潤、姉の旦那は?名前も!

櫻井翔の慶応での成績は?同級性が証言!日テレ記者の妹とのエピソードは?

コメントを残す